厚木市で注文住宅を建てるなら知っておきたいポイント!

2,680 view

厚木市は、神奈川県の中央付近にある市です。東京都心や横浜の都市部へのアクセスが良い土地柄ですが、単なるベッドタウンとしてではなく、首都圏の機能の一部を担っている衛星都市として発展してきました。そんな、都市部がありながら自然豊かな面もある厚木市に、注文住宅を建てたいと考えている人のために、厚木市の特徴や注文住宅を建てる際の注意点について解説します。

 

厚木市のエリア情報

厚木市は神奈川県の中央に位置する市です。相模平野の中央に位置し、良質な土地であったことから、縄文時代から人々が暮らしていました。現代においては、厚木市の中心地は市の北東側にある小田急線本厚木駅周辺で、商業施設や銀行、ホテル、公的施設などが建ち並ぶ市街地です。古い時代から交通の要衝であった厚木市は、今も物流において重要な役割を果たしており、国道沿いにも多くの店舗や企業、事業所などが軒を並べています。

市の東部の境には相模川が流れ、川を挟んで海老名市、座間市などと隣接しています。それに対して市の西部は山岳地帯で、最西部の大山をはじめとして山々が南北に連なっているエリアです。農業地帯も多く、登山や温泉も人気を集めています。人口の推移は、厚木市の人口推移データによれば微増、あるいは横ばいの状態が続いており、平成26年〜平成30年の人口の平均は97,270人でした。(厚木市・人口と世帯の推移を参照)

平成27年の国勢調査結果によると、昼夜間人口比率は115.6%と、非常に高くなっています。これは、厚木市がベッドタウンではなく都市部の役割を担っており、市内で通学や就業をしている人の割合が多いことを示しているのです。

 

厚木市内の主要な街とは?

厚木市内の主要な街といえば、やはり小田急線の駅がある本厚木駅周辺になるでしょう。市内にある駅はこの本厚木駅のほかには、同じ小田急線の愛甲石田駅のみとなります。愛甲石田駅周辺は主に住宅地であり、商業施設などが豊富な都市的環境は本厚木駅周辺に集中しているのです。電車以外の交通手段は、バスや車になります。そんなことから、車でのアクセスの良い場所に産業や商店が発展しているようです。厚木市内には工場も多く、尼寺工業団地ほかいくつかの工業団地が形成されています。

また、厚木市の特徴の1つに大学が多いことがあります。神奈川工科大学、松蔭大学や東京工芸大学の厚木キャンパス、東京農業大学の厚木キャンパスなどです。といっても大学の周辺は閑静な土地であることが多く、多くの学生が遊びに行くのはやはり本厚木駅周辺になります。そんな中、松蔭大学のキャンパスのある森の里は都市計画が進んでいるエリアで、オフィスや大学、住宅地などが自然豊かな公園と共生する美しい環境の街です。晴れた日にゆったりとアウトドアが楽しめるエリアになっています。

 

厚木市はどんな人が住みやすい?子育てのしやすさは?

厚木市の大きな特徴として、本厚木駅周辺は利便性の高い都市環境であること、その反面豊かな自然がとても身近になっていることがあります。本厚木駅からは乗り換えなしに新宿まで行くことができるので、東京都心へのアクセスも抜群だといえるでしょう。ただ、厚木市内やその近郊への交通はほぼ車社会なので、どんな人にとって住みやすいかといえば、車を持っていて車での移動が好きな人、アクティブに動き回って遊ぶことが好きな人ではないでしょうか。

車で移動するのが好きなら、厚木市内なら駅周辺のグルメやショッピング、大山でのアウトドア、神奈川近郊なら鎌倉や湘南付近、箱根や小田原などの温泉地など、人気スポットにも気軽に遊びに行けます。これだけの楽しみが身近なら、とても住みやすい環境であるはずです。厚木市の年齢別人口を見ると、実際に多い年齢は学生である20〜24歳と、30代後半〜60代後半の年代となっています。(年齢(各歳・5歳階級)別、男女別人口 平成30年1月1日現在を参照)

自力で自由に動くことのできる年齢なら、どんな人でも住みやすいでしょう。学生同士やカップル、ファミリー、夫婦などで出歩けますし、近場で仕事もできるので時間も有効活用ができます。住環境が良く、厚木市が取り組む子育て支援も多岐にわたっているので、子育て世代の人にもとても住みやすいエリアです。

 

厚木市の人気スポットが知りたい!

厚木市内での人気スポットを挙げると、まず本厚木駅周辺の商業施設として「本厚木ミロード」「イオン厚木店」「アミューあつぎ」などがあります。飲食店も非常に豊富なので、気になるお店を食べ歩くのもおすすめです。そして、何より豊かな自然に触れられるスポットが豊富で、バーベキューやピクニック、アスレチックが楽しめる「七沢森林公園」、防災広場でもある「ぼうさいの丘公園」、市の中心部にある「厚木中央公園」、森の里にある「若宮公園」などがあります。

時期を選びますが、非常に盛り上がるイベントも豊富です。花火大会の実施される厚木市最大のイベントが「鮎まつり」で、毎年大勢の人々で賑わっています。また、「あつぎ国際大道芸」は街中でパントマイムやジャグリングなどの大道芸が繰り広げられる楽しいイベントです。落ち着いてお花見をしたり神社仏閣を巡ったりしたい人には「長谷寺」「寒川神社」などがあります。

 

厚木市のご当地グルメは何が人気?

厚木市といえば鮎、というほど、相模川で獲れる特産品の鮎は厚木市のシンボル的な存在です。厚木市内では、塩焼き、刺身、天ぷらなど、新鮮な鮎料理を楽しめるお店がたくさんあります。鮎料理の提供期間はお店によりますが、6月から秋頃までと限られているので、訪れる際には事前にチェックしておきましょう。厚木を観光で訪れたなら一度は食べておきたいグルメです。

その他、厚木には名物化している老舗の店舗がいくつもあり、中でも有名なのがとん漬(豚肉のみそ漬け)の老舗「肉の田口」。選び抜かれた相模豚を秘伝の味噌タレに漬けた絶品のとん漬を購入することができます。このとん漬をイングリッシュマフィンで挟んだのが「厚木バーガー」で、厚木市内の7店舗で食べることが可能です。もう1つ、肉料理で有名なのが「シロコロホルモン」。シロコロとは豚の大腸のホルモン焼きで、第3回B-1グランプリでグランプリを受賞しています。

 

厚木市で注文住宅を建てる際の注意点は?

厚木市内に注文住宅を建てるときに注意したいのは、自分のライフスタイルをよく考えて家を建てる場所を決めることです。車の免許がない人や車がない人、車の運転が苦手な人は駅の近くやバスの便がよい土地であることが重要な条件となるでしょう。そして、都会での便利な生活が好きな人は本厚木駅からなるべく近いところに、自然豊かで落ち着いた環境が好きなら、いろいろな住宅地を比較してみて、自分のライフスタイルの条件に合った土地を選んでみてください。

どの住環境も良さそうで迷ってしまう場合には、土地に求める条件に順位をつけて考えると決めやすいでしょう。厚木市では車が移動手段の中心となることが多いので、車庫の使い勝手が良ければグッと暮らしやすくなるはずです。家も車庫もゆったりと使えるゆとりのある土地をおすすめします。安さを重視した土地探しであっても、その使い勝手については熟考するようにしましょう。

 

厚木市で注文住宅を建てるなら希望をしっかり聞いてくれる建築会社を選ぼう!

厚木市は都市部も自然があり、子育て世代にも住みやすい環境の土地です。首都圏と比べれば比較的ゆったりした土地を購入して、自由度の高い建築ができることでしょう。

建築会社は、自分の希望を聞いて実現のために考えてくれる業者を選ぶべきです。その点、注文住宅専門建築設計事務所「フリーダムアーキテクツ」なら「お客様本位の家づくり」をコンセプトとしており、まず希望を伝えるところから家づくりを始められるでしょう。

 

◆◆フリーダムアーキテクツの詳細はこちら

 

神奈川県の他地域を見てみる

◆◆横須賀市の詳細はこちら

カテゴリー:

新着記事

おすすめ記事