横須賀市で注文住宅を建てるなら知っておきたいポイント!

2,720 view

横須賀市で注文住宅を建てることを迷っている人もいるでしょう。横須賀市は、湘南地域の中でも土地の価格が比較的安く、家を建てやすい街です。また、商業施設も充実していて、工業が盛んな地域ですが、自然の豊かさも感じられます。この記事では、横須賀市で注文住宅を建てる前に知っておきたい特徴や子育てに向いているかどうか、家を建てる前に気をつけることなどを解説していきます。

 

横須賀市ってどんな街?

横須賀市は、神奈川県南東部に位置し、三浦半島の大部分を占める地域です。横須賀港からは、自動車などの輸出が行われているため、市の東側は工業地帯になっています。神奈川県内では、比較的大きな都市で都市部や工場地帯は緑や山林が共存しているため、自然の豊かさが感じられる地域です。横須賀市は、海岸沿いに面しているので、漁業なども盛んに行われています。市の西部では、農業活動も盛んに行われていて、キャベツや大根、かぼちゃなどが生産されています。

横浜や都心からの距離も近く、都心へは1時間程度でアクセスすることが可能です。そのため、できるだけ便利な都会の近くに住みたいが、毎日賑やかな場所に住むのは苦手という人が住みやすい地域です。また、都心で仕事をしなければならない人でも、横須賀市に住宅を建てることもできるでしょう。横須賀市は、湘南地域の中でも土地の価格が安いという特徴があります。そのため、これから神奈川県周辺で家を建てようとしているけれど、できるだけ安くすませたいという人にピッタリな街といえるでしょう。

横須賀市は、自然の豊かさを感じられる地域ですが、全国的に見ると発達していて住みやすい地域です。商業施設や病院なども市内各地にあり、日用品などの生活に必要なものは全て揃います。街中に行けば商店やデパート、百貨店、オシャレなレストランなどがあるため、休日にショッピングやランチを楽しむこともできるでしょう。街中や駅周辺は賑わっていますが、少し離れた場所では、静かで穏やかな街並みになっているので、子育て世代でも住みやすい環境となっています。

 

横須賀市の人口や交通網について

横須賀市の総人口は、令和元年時点で39万2005人、16万6911世帯です。首都圏が近いということもあり、非常に多くの人が、横須賀市に住んでいることが分かります。(横須賀市ホームページ 「国土地理院による公表値」を参照)

横須賀市には、京浜急行線が通っているので、都心へのアクセスが良好になっています。京浜急行線の本線には、追浜駅、京急田浦駅、安針塚駅など、横須賀市内11カ所から乗車することが可能です。京浜急行線の久里浜線も市内を通っていて、堀ノ内駅、新大津駅、北久里浜駅などから乗車することができます。その他にも、横須賀市からは東日本旅客鉄道(JR東日本)も乗ることが可能です。JR東日本の横須賀線には、田浦駅、横須賀駅から乗ることができます。

横須賀市内には、京浜急行バス、湘南京急バス、横浜京急バスなど、たくさんの路線バスが走っています。車で遠くに移送する際にも、横須賀IC、浦賀IC、馬堀海岸IC衣笠IC、佐原ICなどから高速道路を利用することが可能です。

 

横須賀市にはどんなグルメがある?

横須賀市には、米軍基地があるため、ネイビーバーガーや海軍カレーなどのグルメが人気を集めています。アメリカンサイズのハンバーガーやカレーが食べられるお店がたくさんあります。三浦半島周辺には、海を眺めながら食事をすることができるオシャレなカフェやレストランがたくさんあるので、家族や恋人とドライブのときのランチやディナーにピッタリです。

また、横須賀市は海岸沿いに面した地域であるため、取れたての海の幸を楽しめる魚料理も豊富に提供されています。

 

横須賀市の子育てするための環境は?

小さい子供を持つ親としては、家を建てる際はその地域が安全な場所であるかどうかを最優先に考えるのではないでしょうか。横須賀市は、神奈川県内の中でも人口に対しての犯罪率が低いため、子育てがしやすい環境といえます。犯罪率が低いのは、横須賀市が防犯に力を入れているという理由だけではなく、米軍基地が協力して防犯対策を行っているからです。

横須賀市の近くには海があり、街中から少し離れた場所には山林も多いです。そのため、子どもが自然の豊かさを感じながら成長できる環境といえるでしょう。大自然に触れることはもちろん、都内へのアクセスもしやすいため、最新の情報などもいち早くキャッチできます。自然の豊かさと都会の情報を両方感じながら子供が成長できる場所なので、子育てにピッタリな地域といえるでしょう。また、幼稚園や小学校、中学校などの数も多くあるため、通学がしやすいのも横須賀市に住むメリットです。

 

横須賀市で休日は楽しめる?人気スポットや観光スポットについて

横須賀市には、人気スポットや観光スポットがたくさんあります。ここからは、横須賀市の中でも有名な人気スポットや観光スポットを紹介していきます。

#猿島
猿島は、戦争中に軍施設になっていた場所で世界的にも有名な遺産です。猿島は2020年現在は無人島になっていて、横須賀中央駅から徒歩15分程度で三笠桟橋まで行き、その後船に乗って10分程度で到着します。過去に天空の城ラピュタのような世界を楽しめると話題になりました。バーベキューや海水浴、バードウォッチングなどを楽しむことができる島です。

#くりはま花の国
くりはま花の国へは、京急久里浜駅から徒歩15分程度で行くことができます。春にはポピーが咲き、100万本ものコスモスが美しく咲きます。ゴジラの滑り台や季節のイベントも開催されるので家族のお出かけにピッタリな場所です。

#観音崎公園
観音崎公園は、観音崎灯台を含むとても大きな公園です。海の向かい側には千葉県が見え、東京湾を行き交う貿易船などを眺めることができます。観音崎公園は、東京湾の突き出した場所にあるため、魚介類がたくさん生息しています。家族で磯遊び、海水浴、釣りなどが楽しめるだけでなく、美術館、自然博物館、レストランといった施設もある魅力的な公園です。

 

横須賀市で注文住宅を建てる際に気をつけたいこと

横須賀市で注文住宅を購入しようと検討している人の中には、はじめに住宅展示場に行くことを考えている人もいるでしょう。しかし、注文住宅は、施工業者とのトラブルが多く発生しているので注意が必要です。具体的には、工期が予定よりも遅れる、設備の不具合、イメージ通りの家ではない、施工不良やミスがあるなどです。これらのトラブルから、追加の費用を支払わなければならなかったり、調停や裁判に発展してしまうリスクがあったりします。このようなトラブルになってしまう原因は、施工業者に全て任せてしまっていることや、施工業者の説明不足、イメージのズレといったことがあげられます。

対策として、任せきりにしても、イメージ通りの家を建ててくれる誠実な施工業者かどうかをしっかり見極めることが大切です。また、トラブルを回避するために、自分自身も知識や情報を持っておくべきです。そのためには、まず専門業者に資料請求を行い、注文住宅についての情報を集めるようにしましょう。

 

住みやすい横須賀市で注文住宅を建てよう!

横須賀市は、横浜や都心へのアクセスがよく、海に面していることから大自然の豊かさも感じられる地域です。幼稚園や小学校、中学校も多く、神奈川県内でも犯罪率の低い地域のため、治安が良く子育てにも向いている環境です。

横須賀市で注文住宅を建てようか迷っている人は、ぜひ横須賀市を検討してみてはいかがでしょうか。

 

◆◆デザイン住宅設計事務所 フリーダムアーキテクツ

 

神奈川県の他地域を見てみる

◆◆厚木市の詳細はこちら

カテゴリー:

新着記事

おすすめ記事