平屋の価格相場はどのくらい?2階建てに比べて高い?価格を抑えるコツや実例を紹介!

423,847 view

2階建て住居が主流の中、新築の平屋住宅を希望する世帯が増えています。

ただし、気になるのは2階建て住宅と比較して「平屋住宅に費用面のメリットはあるのか」ではないでしょうか。平屋住宅を建てる際の費用を抑えるポイントも気になるでしょう。

そこで今回は、平屋住宅と2階建て住宅とではどちらが高いかという比較と、平屋住宅の価格相場を解説します。また、平屋住宅の価格を抑えるポイントや価格帯ごとの平屋住宅建設実例も紹介するので、ぜひ家づくりの参考にしてください。

平屋建てと2階建て、費用が高いのはどっち?

平屋建てと2階建ての建設費を比較

平屋建てと2階建てとでは、平屋建てのほうが建設費は高くなる傾向があります。

一般的に、材料費や耐震に関連する工事費用などを考えると、2階建てのほうが高いイメージはないでしょうか。ただ、平屋建てを建てる際は「敷地面積の広い土地が必要なこと」「基礎・屋根の面積が広くなること」により、2階建てよりも割高になる傾向があるのです。

同じ延床面積の平屋建てと2階建てを建てる場合、平屋のほうが広い土地が必要になります。2階建てなら1階部分と2階部分とで延床面積を分散できるため、平屋建てよりも狭い土地に建てることが可能です。そのため、同延床面積で比較すると、平屋建てのほうが土地の購入にかかる費用が高くなります。

また、基礎や屋根の面積が広くなるため、2階建てよりも平屋のほうが割高になります。同じ延床面積の建物を建てるケースで比較すると、平屋建ては単純に2階建ての倍の基礎・屋根の面積が必要です。そのため、材料や工事にかかる費用が多い平屋建てのほうが、建設費は高くなる傾向があります。

さらに、2階建てが主流の日本では、2階建て住宅を建てるための資材を大量発注するハウスメーカーも少なくありません。大量発注により資材コストを抑えられるため、2階建てのほうが建設費を抑えられるのです。

平屋の方が安く済む場合とは

CASE649 光の通り道

前章では、土地の面積と基礎・屋根にかかる費用が割高になることから、2階建てよりも平屋建てのほうが高くなる傾向があると解説しました。一方で、平屋建てのほうが安く済むこともあります。平屋建てのほうが安く済む場合とは、「トイレ・浴室などにかかる費用」と「メンテナンス・リフォームにかかる費用」が関連してきます。

2階建て住宅の場合、利便性を高めるためにトイレや浴槽、洗面所などを1階と2階の両方に設置するケースも少なくありません。水回りを2箇所に設置するため、材料や工事にかかる費用は高くなります。平屋建てならトイレや浴槽、洗面所を複数設置する必要はなく、水回りを一ヶ所にまとめられるので、費用を抑えられるのです。

2階建て住宅でメンテナンスやリフォームを行う際は、足場を組む必要があります。また、壁の面積も平屋と比較して広くなるため、工事費用も高くなる傾向があります。平屋なら足場が不要、または最低限の足場だけで済むため、メンテナンスやリフォームにかかる費用を抑えられます。また、手入れや清掃も容易に行うことが可能です。

平屋と2階建ての費用相場を比較

平屋と2階建ての費用相場はどうなっているのでしょうか?実際のところ相場を比較するのは少々難しいところですが、平屋と2階建て、同じような条件で建てた場合を想定して考えてみましょう。

例えば、平屋の延床面積が30坪で、建築費用が2,000万円の場合、2,000万円÷30坪で坪単価66万円となります。これを2階建てに置き換えると、階段とそれに付随するホールスペース分がだいたい5帖分プラスになり、延床面積は35坪になります。2,000万円÷35坪で約57万円の坪単価となり、2階建てのほうが割安であることがわかります。

ただし、実際は平屋と2階建てでまったく同じ条件、同じ間取りになることはありません。一般的な2階建て住宅の階段とホールスペース5帖分、2階にもトイレをつけることが多いので2階のトイレ1帖分などは、平屋にした場合はいらないスペースです。このいらないスペースを合計した6帖分×57万円=342万円分は節約できることになります。

平屋のほうが高くなってしまう基礎や屋根の費用、2階建てでは必要でも平屋では必要ない設備や間取りなど、さまざまな要素を総合して考えていく必要があります。一番確実なのは、信頼できる建設事務所で見積もりを取ることです。さまざまなアドバイスをもとにして相談に乗ってくれるでしょう。

平屋の価格を抑えるには

建設費が高くなる傾向がある平屋建てですが、ここでは平屋建ての価格を抑えるためのポイントを3つ紹介します。

間取りをシンプルにする

平屋の価格を抑えるポイントの1つは、間取りをシンプルにすることです。

例えば、中庭や凹凸のある間取りの場合、費用は高くなります。中庭を設置すれば壁の面積や窓の数が増えるため、材料と工事費用が高くなります。凹凸が多ければ壁の構成が複雑になるので、その分の工数が必要です。そのため、できるだけ長方形などのシンプルな間取りにすれば、費用を抑えられるでしょう。

シンプルな間取りにすれば壁や柱の数も抑えられるため、材料や工事費用も抑えられます。また、ドアの建具や壁紙などの内装関連工事も、シンプルな間取りのほうが施工・加工しやすいため、工事費用を抑えられる可能性があります。

住宅設備や素材のメリハリをつける

平屋の価格を抑える2つ目のポイントは、住宅設備や素材のメリハリをつけることです。

せっかく家を建てるなら、住宅設備は標準仕様で良いものにグレードアップさせたいところではないでしょうか。しかし、本当に必要かどうかを考慮し、品質を落としても問題ない部分を検討することで、価格を抑えられる可能性があります。

例えば、太陽光発電を設置したほうが電気代を抑えられるなら、設置を検討しましょう。消費エネルギーよりも作り出すエネルギーのほうが多ければ、光熱費を大幅に抑えられます。外壁や屋根の素材選びも重要です。メンテナンスが不要なものを選べば、修繕費を抑えられます。

ハウスメーカー選びにこだわる

3つ目のポイントは、ハウスメーカー選びです。

平屋の価格を抑えるためのハウスメーカー選びのポイントは、「ローコスト、かつアフターサービスが良い」「平屋の実績が多い」ことです。

ローコストのハウスメーカーは複数ありますが、選ぶ際は「標準仕様で自分や家族の希望に沿った家をつくれるか」がポイントです。希望を反映するためにオプションを追加しては、費用が高くなる可能性があります。

保証期間や無料点検などのアフターサービスも重要なポイントです。ハウスメーカーによって保証期間は大きく異なるため、複数のハウスメーカーを比較して検討しましょう。また、平屋の建設実績が多いハウスメーカーであれば、平屋に特化した家づくりの提案をしてもらえますし、安心して建築を任せられるでしょう。

フリーダムアーキテクツの平屋住宅の建築実例

ここでは、平屋で建てた実例を紹介します。価格帯ごとに紹介するので、それぞれの価格帯でどのような平屋が建てられるのかイメージしてみてください。

【1,000万円台】2つの居間がある家

【1,000万円台】2つの居間がある家

メインリビングとサブリビングの2つの居間がある平屋住宅です。

メインリビングには大開口の窓が設置され、自然の光をふんだんに取り入れています。木製ベンチが設置され、木のぬくもりも感じられる温かみを感じられるリビングです。サブリビングにはキャットウォークが設けられ、ペットもゆったりと過ごせる空間がつくられています。

注文住宅の家づくり | CASE560 ma

【2,000万円台】伸びやかな空間を演出した家

【2,000万円台】伸びやかな空間を演出した家

コンパクトな敷地に建てられた、開放感のある伸びやかな空間が演出された平屋です。

2つの中庭と室内空間に大開口の窓を設置することで、繋がりを持たせています。それにより、中庭と室内空間に一体感が生まれ、伸びやかな空間が演出されています。コンパクトな敷地を感じさせない、開放的な平屋に仕上がっています。

注文住宅の家づくり | CASE447CASA Oltremare

【2,500万円台】内部と外部の境界線をなくした家

【2,500万円台】内部と外部の境界線をなくした家

内部と外部の境界線をなくした平屋です。

大きさの異なる軒が設置された家です。深い軒が内部と外部の境界を曖昧にし、半外部空間をつくりだしています。内部と外部のデッキをフラットにすることで、境界をさらに曖昧にし、開放感のある空間が演出されています。視線や動線の先に樹木を配置し、プライバシーへの配慮も万全です。

注文住宅の家づくり | CASE411軒の家

価格を抑えて素敵な平屋住宅を建てよう

平屋住宅は、同じ延床面積の2階建て住宅よりも土地や工事費用が高い傾向にあります。ただ、水回りの設置数や完成後のメンテナンス・リフォーム工事を考えると、平屋のほうがコストを抑えられる可能性もあります。

平屋住宅の価格を抑えるポイントは、「間取りをシンプルにする」「住宅設備や素材のメリハリをつける」「ハウスメーカー選びにこだわる」です。これらのポイントを意識して、素敵な平屋住宅を建てましょう。

フリーダムアーキテクツでは、年間約400棟の注文住宅を手がけ、平屋住宅のプランにおいてもさまざまな実績があります。こだわりを叶えるためのアイディアをはじめ、それを実現するための土地の選び方や構法に至るまで、ご要望に合わせた細かなご提案を行っています。まずは無料資料請求を行い、質問等はお気軽にお問い合わせくださいませ。

◆◆「フリーダムアーキテクツが手掛けたデザイン住宅の作品集を今なら無料でお届けします。

フリーダムアーキテクツが開催しているデザイン住宅無料セミナーと住宅見学会の開催スケジュールはこちら。

関連記事:
フリーダムマガジン注文住宅の「平屋住宅」特集

平屋の間取りはアイデア次第!快適空間を作れるのが平屋ならではのメリット!

カテゴリー:

新着記事

おすすめ記事