40坪の平屋の間取り実例と費用相場|開放的でおしゃれな住まいを実現

3,837 view

40坪の平屋の間取り実例と費用相場を解説

40坪の平屋を建てたいと考えていても、どのような間取りになるのか想像がつかないと、計画を進めにくいでしょう。自分たちの理想に合った住まいを実現させるためには、具体的にイメージすることが大切です。

今回の記事では、40坪の平屋の特徴や間取りの実例、費用相場について解説します。計画するときの注意点も説明しているので、こだわりの注文住宅を実現させたい方は、ぜひ参考にしてください。

延床面積40坪の平屋はどんな広さ?

延床面積40坪の広さは132.23㎡です。

国土交通省の住生活基本計画による、快適な暮らしを送るために必要な戸建住宅の広さの目安である誘導居住面積水準は、下記の表の通りです。

世帯人数誘導居住面積水準[一般型]誘導居住面積水準[都市居住型]
単身55㎡40㎡
2人75㎡(約23坪)55㎡
3人100㎡(約30坪)75㎡(約23坪)
4人125㎡(約39坪)95㎡(約29坪)
5人150㎡(約45坪)115㎡(約35坪)

出典:国土交通省「住生活基本計画における『居住面積水準』

上記より、40坪の平屋は4~5人家族でゆとりを持った暮らしが実現できるでしょう。4LDKや5LDKにしたり、趣味部屋や中庭を設置したりなど、ライフスタイルに合わせて自由な間取りが可能です。

延床面積40坪の平屋で実現できるメリットとは

延床面積40坪の平屋で実現できるメリットとは

CASE420 光庭の家

40坪の平屋のメリットとしては、以下が挙げられます。

・趣味室や仕事部屋の設置が可能
・5LDKで二世帯同居にも対応できる
・風と光と緑を感じられる中庭
・住まいの楽しみが広がるウッドデッキやテラス 
・勾配天井のあるおしゃれなリビング
・家族の気配を感じながら自分の居場所も確保
・バリアフリーで家事動線の良い間取り

40坪の平屋で実現できることを把握して、敷地を最大限に活かした住まいを計画しましょう。メリットを詳しく紹介していきます。

趣味室や仕事部屋の設置が可能

少しゆとりを持った暮らしが可能になる40坪の平屋では、フリールームを設けられます。アトリエやホームシアターなどの趣味に使用したり、集中できる書斎にしたりなど、アイデア次第で夢が広がります。

また、余計な物を置かず、フォトスタジオやヨガスタジオにするのもおすすめの方法です。趣味で使うのはもちろん、将来的に自宅で教室やスタジオを始めても良いでしょう。

5LDKで二世帯同居にも対応できる

40坪の平屋であれば、特別広くはなくても5LDKを作れます。1階フロアにLDKと個室を5つ設けられるため、子ども3人の5人家族や、1人になった親世帯との同居も可能です。平屋は階段がなくバリアフリーに配慮しやすいので、親世帯も安心して生活を送れます。

また、来客の機会が多い家庭ではゲストルームにするなど、ライフスタイルに合わせて柔軟に対応できるのが魅力です。

風と光と緑を感じられる中庭

外の自然とつながりをもたせられるのも、平屋のメリットです。中庭を設けることで、40坪という広めの敷地でも、明るさと風通しを確保できます。

40坪の平屋では、プライバシーを守りながら家族でのんびり過ごせる、中庭を設けたロの字やコの字の間取りが人気です。自然を感じながら朝食をとったり、子どもやペットをのびのび遊ばせたりと、家にいながらアウトドア気分を味わえます。

住まいの楽しみが広がるウッドデッキやテラス

平屋をコの字型や長方形にして、広いテラスやウッドデッキを設置すれば、アウトドアリビングとして利用できます。タープを取り付けるなど外からの視線対策を行えば、晴れの日に家族とテラスで食事をしたり、友人を呼んでBBQをしたりして楽しめます。遠出しなくても、非日常な時間を味わえるのが嬉しいポイントです。

また、ウッドデッキやテラスを設けることで、室内外のつながりを感じられるため、空間全体が広く見えるのも魅力です。

勾配天井のあるおしゃれなリビング

平屋のリビングを高い勾配天井にすれば、光が入りやすくなり、開放感のあるおしゃれな空間を演出できます。

勾配天井は傾斜があり、通常の平天井よりも高さが出て空間を広く感じられるのが特徴です。40坪の平屋に複数の部屋や中庭を設けると、LDKの広さを十分に確保できないかもしれません。その場合でも、LDKに勾配天井を設ければ、おしゃれな広がりのある空間を作れます。

家族の気配を感じながら自分の居場所も確保 

一般的な2階建ての4LDKや5LDKの場合、家族がそれぞれの部屋にこもり、お互いに接する機会が少なくなることが考えられます。一方、平屋にはワンフロアに全ての生活スペースが配置されるため、常に家族の気配を感じられるメリットがあります。

とはいえ、自分の居場所が欲しいときもあるかもしれません。家族が部屋から出てきたところを、中庭のシンボルツリー越しに見える間取りにするなど、さりげなくお互いを認識できる工夫をすると、ちょうど良い距離感を保てるでしょう。

バリアフリーで家事動線の良い間取り

平屋はバリアフリーに配慮しやすく、40坪あればライフステージの変化にも柔軟に対応できます。将来を見据えて、なるべく動線の良い間取りにするのがポイントです。

たとえば、日当たりや風通しなど、条件の良いところにリビングを配置し、水回りを集約させて家事動線を短くするといった工夫ができます。わずかな違いでも、毎日のこととなると負担が大きく変わってくるはずです。

平屋のメリット・デメリットについては以下の記事でも解説しています。詳しく知りたい方は、ぜひご覧ください。

【建築実例付き】平屋の間取りはアイデア次第!ワンランク上のおしゃれな平屋住宅を目指そう!

フリーダムアーキテクツの無料住宅作品集を取り寄せる

40坪の平屋の間取り実例

ここからは、フリーダムアーキテクツが今まで手掛けてきた、40坪の平屋の間取り実例をご紹介します。土地の条件や家族構成、ライフスタイル、理想の暮らしなどに合わせたものをピックアップしたので、40坪の平屋を検討中の方は、ぜひ参考にしてください。

どの部屋からも中庭を感じられるロの字、南玄関の家

どの部屋からも中庭を感じられるロの字、南玄関の家の間取り

住まいの中心に中庭を設けた、ロの字の平屋です。中庭を囲むように部屋を配置しており、どの部屋からも外の緑や光を感じられます。また、家族がコミュニケーションをとりやすい平屋のメリットを活かしているのもポイントです。

ベッドルームは4室設けました。そのうち1室は収納で分けているので、将来リフォームして、広い1部屋にすることも可能です。

各部屋の使い方の例としては、以下が挙げられます。

・子ども3人に1つずつの個室+主寝室
・子ども2人+主寝室に親世代の寝室やゲストルーム
・仕事部屋や趣味室

そのときの家族構成やライフスタイルに合わせて、フレキシブルに対応できるのがポイントです。平屋の間取りでは採光をどうとるかが重要ですが、玄関が南向きだと、1日を通して自然光が入る間取りになります。

家族それぞれが自分の居場所を見つけられる住まい

家族それぞれが自分の居場所を見つけられる住まいの間取り

40坪の平屋の間取りは、上記のロの字以外に、長方形やコの字形も考えられます。こちらは敷地の条件に合わせた、ややイレギュラーな形状が特徴です。ダイニングキッチンとリビングに面する家の中央に広いテラスがあり、アウトドアリビングとしても利用できます。テラスを合わせると広いスペースになるため、ホームパーティにも最適です。

また、広いテラスとは別に、LDKから離してもう1つテラスを設置しました。リビングから見えないので、洗濯物を干す場合など、生活感をカバーできます。ベッドルームは1室だけ、少し遠くに設けているのもポイントです。プライバシーを確保しやすいので、ゲストルームにも向いています。

その他、フリーダムアーキテクツが手掛けた平屋の実例は、こちらの記事よりご覧ください。

注文住宅の「平屋住宅」特集

フリーダムアーキテクツの無料住宅作品集を取り寄せる

40坪の平屋の費用相場は?

40坪の平屋の費用相場とは

平屋は一般的な2階建てよりも建築費が割高になる傾向があり、坪単価は約40~60万円ほどです。40坪の平屋の建築費は1,600万円〜2,400万円と言えます。

導入する設備や建築材料によって総額は異なりますが、デザインや機能などにこだわるほど費用は高くなります。そのため、住宅会社と相談しながら、じっくり検討しましょう。

フリーダムアーキテクツは、ノウハウとネットワークが豊富です。そのため、予算に合わせた個性豊かな住まいを設計できます。自分たちの希望に合う40坪の平屋を建てたい方は、お気軽にご相談ください。

40坪の平屋を計画する際の注意点

40坪の平屋には、さまざまなメリットがある一方で、計画する際に注意しておきたい以下のようなポイントもあります。

・採光と通風をしっかりと計画する
・家族のプライバシーやセキュリティを確保する
・環境に合った断熱対策をする

ここでは、それぞれの注意点について解説します。

採光と通風をしっかりと計画する 

40坪の平屋で、まず注意したいのが日当たりと風通しです。具体的には、中庭やテラスのあるロの字型やL字型にしたり、吹き抜けに天窓を設置したりといった工夫が挙げられます。また、中庭やテラスに向けて窓を取り付け、風の抜け道を作れば、風通しも確保できます。

40坪の平屋の場合、通常よりも敷地が広い分、家全体に光や風を行きわたらせるのが難しくなるので、しっかりと計画しましょう。

家族のプライバシーやセキュリティを確保する

住宅密集地や人通りの多い道沿いに平屋を建てるのであれば、家族のプライバシーやセキュリティを確保することも重要です。

平屋では1階にすべてのドアや窓が設計されるため、住宅密集地や人通りの多い道沿いでは、外からの目が気になる場合があります。平屋を建てるのに適した環境であるかを確認するとともに、視線が気になる場所には目隠しフェンスを設置するなどの配慮が必要です。

また、玄関や窓といった開口部には防犯ガラスの導入など、セキュリティ面にも配慮してください。

環境に合った断熱対策をする

2階建ての家の場合は上階が太陽の熱を遮ってくれますが、平屋の場合、上階がないため太陽の影響を受けやすくなります。40坪の平屋の場合、屋根の面積も広くなるので、環境に合った適切な断熱対策が必要です。

冬は暖かく、夏は涼しい住まいを実現するためには、断熱材と気密性がポイントです。断熱性が上がれば冷暖房効率がアップし、光熱費の節約にもつながります。

また、日本の住宅では天井断熱を施すことが多いですが、平屋の場合、天井断熱だと小屋裏空間を有効活用できなくなります。特に寒い地域などは、屋根断熱も行うと、屋根で効果的に外気を遮断することができるだけでなく、小屋裏空間も収納などに活用できるのでおすすめです。

フリーダムアーキテクツの無料住宅作品集を取り寄せる

少し広めの40坪の土地を活かして憧れの平屋を実現しよう!

少し広めの40坪の土地を活かした平屋の事例

CASE750 WHITE GATE

40坪の平屋を建てるのであれば、少し広めの土地というポテンシャルを最大限に活かした家にしたいものです。40坪の平屋ならではのメリットや注意点を押さえて、家族の憧れを実現する住まいづくりを計画しましょう。

フリーダムアーキテクツは、敷地やライフスタイルに合わせたデザイン性の高い平屋を多数手掛けています。自分たちの理想の住まいを手に入れたい方は、ぜひ一度ご相談ください。

フリーダムアーキテクツの平屋の建築実例はこちら

◆◆「フリーダムアーキテクツが手掛けたデザイン住宅の作品集を今なら無料でお届けします。

カテゴリー:

新着記事

おすすめ記事